名刺印刷を優良業者に注文依頼!デザインや用紙の選び方とは

名刺

名刺印刷における基準のカラーの選び方

オリジナルの名刺印刷を注文する際に、フルカラーであればどのような配色にすべきか悩むものです。色にはそれぞれ与えるイメージというものがありますし、自己紹介や集客において、相手にどのような印象を与えるかが決まってきます。
例えば赤は情熱的な色として知られますが、自動車やアミューズメント業界ではよく利用されます。いずれもアクティブに動くことを連想させるので、車の購買やアミューズメント施設への来店を期待することができるわけです。逆に青は冷静さを表し、特に濃い紺色などは官公庁や士業で利用されます。信頼ということにつながる効果が期待できるからです。
また安らぎや癒しを提供する業種であれば、緑をベースにした名刺印刷が効果的です。ホテルや自然食品の会社などで好んで使われる色です。歴史や伝統というものを重んじている会社などであれば、茶色が効果を期待できます。このように色によって異なる効果やイメージを良く理解しておけば、自分にはどんな色が適するのかを知ることができます。また名刺のデザイン全体に対してどのような配分で使うのかも大切な要素と言えます。重みのある色は控えめにするなどの工夫も印刷には必要となるというわけです。

印象付ける名刺印刷の用紙選び

自己紹介ツールとして、名刺印刷では用紙選びにもこだわりたいものです。会社で使用するオーソドックスなものとしては、程良い白さのマットコートやマットポストが良いでしょう。共につや感を抑えた落ち着いた雰囲気が安心感につながります。
一方でデザイン関係の仕事などカラーをふんだんに使用する場合には、インキの発色が良いコート系の用紙が向いています。あるいは再生紙のようにエコをアピールしたい時に利用できる、特殊な用紙も多く用意されています。士業のように、特に信頼性を必要とする仕事に携わる場合には、エンボス紙のような高級感を感じさせるものも良いでしょう。
他にも個性的な用紙は色々と選ぶことができます。例えばどことなくクラシックな雰囲気が感じられるクラフト紙は、名刺に使うとインパクトがあります。レトロ感を与えることから、工芸などに携わる場合に利用できそうです。あるいは模写などに利用されるトレーシングペーパーは、どことなくモダンな雰囲気を感じさせることで人気があります。カラー印刷には向きませんが、文字フォントやレイアウトで上手く表現することで、印象付けることができます。このように用途に合わせて適切な印刷用紙を選ぶと、効果的な名刺を作成することができます。

名刺印刷を依頼するメリット

今の世の中は、名刺も自分で作るといった時代になってきています。自分の好きなデザインに作る事ができ、自分の好きな枚数だけ印刷ができるといったことで、無駄なコストをかけないために自分で作る人が多くなってきているのです。ですが自分でデザインした名刺と言うのは、あくまで「自分が好きなデザイン」な為、他人からの意見と言うものが入っていません。そのためプロのデザイナーなどに依頼をして名刺を作る方が、お客さんに出しても恥ずかしくない名刺を作ることができるのです。
自分の名刺デザインなどをプロのデザイナーが所属している名刺印刷会社へ依頼することによって、そのデザインはとても素晴らしいものになり、お客様に名刺を渡す際もスマートに渡すことができるのです。自分の名前が入った名刺を、堂々とした態度で渡すことができるといったことが、名刺印刷会社に依頼するメリットになってくるのです。
それだけデザイン性が高く、相手に名刺を渡したときのインパクトを与えることができ、なおかつ自分で印刷するよりも高いデザイン性にすることができ、受け取った相手の印象なども他人の意見を交えながら作ることができるので失敗することがありません。そのため名刺を今自分で作る時代にはなってきていますが、名刺印刷会社を利用する事は、「間違いのないもの」が出来上がるといったメリットがあるのです。


質のいい名刺印刷ならアドプリントがおすすめです!高品質の名刺を綺麗に印刷してくれるので、企業様に大人気の業者さんです!

ニュース

2017年10月04日
名刺印刷はスピードで選ぼうを更新。
2017年10月04日
名刺印刷の種類についてを更新。
2017年10月04日
名刺印刷業者は安易に選ばないほうが良い?を更新。
2017年10月04日
起業したら心得たい名刺印刷のコツを更新。